韓国語初心者必見!ハングルの基礎!母音から始めよう!

今回はハングルの基礎の基礎部分をやっていきましょう!

まずハングルが読めないと、何がなんだかわからないですもんね!💦とにもかくにも基礎は大事ですからね!まずは、しっかり土台を固めましょう!

以前の「韓国語入門!ハングルの由来を学ぼう!」という記事でも書きましたが、ハングルの組み合わせは、
「子音+母音」が基盤となり文字を構成しています。

例)가(か)☞ㄱ(子音k)ㅏ(母音a)

今回は、この「母音」の方を学習していきましょう!

ハングルの母音の種類

ハングルには基本母音10個と、合成母音11個2種類の母音があります。

合成母音は、基本母音同士が組み合わされた母音の形なので、一旦置いておきましょう。まず、基本母音から。

ハングル基本母音

基本母音は10個あります。縦棒と横棒を基本にし、それらが組み合わさったものです。

ㅏㅑ/ㅓㅕ/ㅗㅛ/ㅜㅠ/ㅡ ㅣ

ァ ャ/ォ ョ/ォ ョ/ゥ ュ/ゥ ィ

基本母音は以上の10個です。文字の骨組みとなる部分なので必ず覚えて下さい!

よく見ると、同じ音が二つあるものがありますね!日本語表記は同じでも、発音の仕方に違いがあります。一つずつ見ていきましょう。

基本母音の発音の仕方

 

ㅏ ァ

日本語の「あ」と同じように、口を大きく開けて発音します。

※丸いのが口の形だと思ってください!

 

ㅑ ャ

こちらも日本語の「や」と同じ発音です。

 

 

ㅓ オ

日本語の「え」を発音するときより少し小さく開けた口のまま、「お」と発音するイメージです。日本語の「お」よりも、はっきりせず濁った音となります。喉の奥から音を出す感じですね。下あごを若干引くようなイメージです。

 

ㅕ ヨ

上の「オ」と同じ口の形で「ヨ」と発音します。

 

ㅗ オ

2つ目の「オ」ですね。こちらは、日本語の「お」の発音とほぼ同じです。唇をすぼめるように、真ん丸くしてみましょう。

 

ㅛ ヨ

上の「オ」と同じ口の形で「ヨ」と発音します。

 

ㅜ ウ

日本語の「う」と同じ発音。イメージとしては、日本語の「う」よりもやや唇を尖らせた形で発音してみましょう。

 

 

ㅠ ユ

上の「ウ」と同じ口の形で発音します。

 

 

ㅡ ウ

この「ウ」は、唇を横に引いた形で、発音します。日本語の「う」よりも、曖昧な音になります。

 

ㅣ イ

日本語の「い」と同じ発音です。

ㅓ(オ)とㅡ(ウ)は日本語にない発音なので最初は難しく感じるかもしれませんね。練習あるのみです。恥ずかしがらず、大げさに発音練習をしてみるといいと思います!

音のない子音(ㅇ)と組み合わせてみよう!

繰り返しになりますが、ハングルは「子音+母音」が基本でしたね!

なので、Kの音の子音である「ㄱ」とAの母音である「ㅏ」が組み合わさって、「か」となります。

ですが、ここでは本格的に子音と組み合わせる前に、無音の「ㅇ」と組み合わせてみましょう!

「??」が浮かんでますよね、焦らずいきましょう♪

子音には、それぞれ発音記号があるのですが、(KとかHみたいな。)、実は子音の中で発音記号がついていないものがあります。それが、「ㅇ」です。

発音記号がついていないのは、音がないからです

なので、「ㅇ」と母音の「ㅏ」が、組み合わさり、「아」となると「ァ」という音の文字になるのです。
つまり、母音の音そのままの文字です!!

아야어여오요우유으
アヤオヨオヨウユウイ

単語を覚えよう!

はい!ここまで覚えたら、もう単語だって作れてしまうのです!

さっそく、基本母音のみを使用した単語を見ていきましょう!
아이(アイ)☞子供
오이(オイ)☞きゅうり
우유(ウユ)☞牛乳 
이유(イユ)☞理由
여우(ヨウ)☞キツネ
여유(ヨユ)☞余裕
아야!(アヤ!)☞痛い!

練習!

それでは、今まで覚えた単語をおさらいしましょう!
오이(    )、이유(    )、아야!(    )、여유(    )、아이(    )

できましたか???

それでは、答えを見ていきましょう~☟☟☟☟☟☟☟
오이(きゅうり)、이유(理由)、아야!(痛い!)、여유(余裕)、아이(子供)

いかがでしたか~??

基本母音を覚えるだけでも、こんなに単語を知ることができます!楽しくなってきましたね♪♪

では、お疲れさまでした!アンニョン~✋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です